小型・中型トラックドライバーと比べると収入が良い

高収入を期待できる理由は

大型トラックドライバーになるためには、大型自動車免許が必要になります。中型免許より上位の免許が必要なため、小型・中型トラックドライバーよりも高収入に設定されているのです。トラックは車体が大きくなるほど運転が難しくなるため、技術料としての側面もあります。例えば大型車両は死角が増えますし、バックするときの難易度も上がるのです。

一般的に大型トラックドライバーの業務は長距離移動になるため、拘束時間が長くなります。移動距離も収入に反映されるので、短距離や中距離と比べて長距離ドライバーは収入が良いのです。年収の相場は450万円程度となっており、サラリーマンの平均収入と大きく変わりません。小型・中型トラックドライバーの場合は、年収で30~40万円くらい少なくなるのが普通です。

経験年数と収入の関係とは

大型トラックドライバーは運転経験が豊富な人が多いです。最初は小型・中型のトラックから乗り始めて、最終的に大型に行きつくという人が目立ちます。大型トラックドライバーの収入が良い理由には、勤続年数の長さも関係しています。一般的なサラリーマンの昇級と比較すると緩やかですが、トラックドライバーの仕事にも昇給制度があるので、長期勤続をすれば少しずつ年収は上がっていくのです。

正社員ではなくアルバイトやパートで働く場合は、年収ではなく時給計算になります。非正規雇用の場合は運転時間や移動距離が少なくなる傾向が強く、それが収入に反映されています。時給は1,000円程度に設定している運送会社が多いので、高収入を得るならば正社員になるのが近道です。